口臭ケア用品

犬の口臭対策のジェルは、歯磨きと併用しないと意味がないって本当?

口臭トラブルは、わんちゃんのあるあると言っていいほど気にしている飼い主さんが多い>_<

水族館のような、魚のような生臭さは【口腔環境の悪化&消化不良】が原因です。
消化不良を起こしているときは、ドッグフードを見直して腸内環境を整えればOK!

口腔環境が悪化しているときは、口臭対策ジェルを使ってケアをしてあげましょう^^
でも、口臭対策ジェルをぬるだけで本当に効果があるのでしょうか?

わんちゃんの口臭対策にはジェルを使おう!歯磨きも一緒にしないと意味がないって本当?歯磨き嫌いなわんちゃんでもできる正しいやり方をレクチャーします!

犬の口臭対策のジェルの特徴

  • スプレーで歯にふきかけるタイプ
  • 歯にぬってケアするジェルタイプ
  • お水の中に数滴エキスを入れるタイプ

など、口臭ケア用品の種類はさまざま!
顔をさわられるのが苦手なわんちゃんでも、なるべく負担がかからないように工夫してあります^^

わんちゃんの口臭対策ジェルを使うと、こんな効果があるんです♪

きつい匂いを緩和してくれる

わんちゃんの口臭で悩んでいる人の多くは、魚の生臭さを感じていると思います。
魚なんて食べさせてないのに!もしかして病気かも!?と思う人もいるのでは?

口臭対策ジェルを使うと、生臭いニオイが少し和らぎます。

散歩中「ハッハッ」と息をしているだけでニオイを感じるわんちゃんが使うと、
顔を直接近づけないとニオイを感じない程度まで緩和されます。

口臭が悪化するのを防ぐ

生臭いニオイを、これ以上きつくならないように防ぐ効果もあります。
使うだけで翌朝、口臭が劇的に治るワケではないけれど、これ以上ひどくさせない効果は
あります。

口臭対策ジェルを使い始めて数日経つと「あれ?今日はそこまでニオイがしないな?」なんて飼い主さんもいるそうです^^

口臭対策ジェルを歯に塗るだけでは改善になかなか繋がらないのが現実

わんちゃんから口臭がする原因は、歯の表面や隙間につまった汚れが歯石・歯垢になることです。
口臭対策ジェルをぬったところで、歯の汚れがキレイになるわけではないので、根本的な口臭改善には繋がりません。

人間も歯磨き粉をぬっただけではキレイにならないので、ブラッシングしてキレイにするのと一緒です。

しかもわんちゃんの場合、

  • ニオイが強いドライドッグフード
  • わんちゃんの食いつきがいいように香りがついているドッグフード
  • 味が濃いセミモイストタイプのドッグフード

口の中にニオイが残りやすいものを食べているのも原因の1つです。

特にセミモイストタイプのドッグフードは、食べカスが口の中に残りやすい>_<

つまりいくら口臭対策ジェルを使っても、口の中に汚れが残ったままでは、使っても意味がないのです。

ジェルと併用してやっぱり歯磨きが大事!

口臭を根本的に改善したいのであれば、歯磨きも一緒にしてあげましょう。

歯の表面に汚れがついた状態でジェルを使うのと、キレイな状態で使うのでは口臭対策の結果にかなり違いが出ます。

歯磨きがキライなわんちゃんも多いと思います。

無理強いをすると、歯磨きどころか口臭対策ジェルすらぬらせてくれなくなるので気をつけましょう!

ジェルと歯磨きを併用する正しい方法

人間のように歯ブラシの毛の上にジェルをぬって磨くだけ・・・なんてスムーズにいかないのがわんちゃんの歯磨き!

苦手意識を持ってケアをさせてもらえなくならないように、正しい方法でケアをしましょう。

  1. 歯ブラシを十分にぬらして、ジェルをつける(嫌がるときは、少し歯ブラシをして、慣れたところでジェルをぬると◎)
  2. 口を持って指でめくって歯茎までみえるようにあげる
  3. 前歯の外側から奥歯に移動しながらブラッシングする
  4. 奥歯は最初は短く、少しずつ時間を増やして慣れさせる

ここで注意したいことが3つあります。

  • 歯磨きをスタートするまえに、歯ブラシ本体を触れさせて安心させる
  • ジェルを指の上に少しのせて匂いを嗅がせる
  • 歯と歯の移動はクルクルを円を書くように移動する

いきなり口を開けてジェルつけてケアしようとすると、警戒心が強くなってしまいます。
1度警戒して苦手意識をもってしまうと、心をなかなか開いてくれません。
あせらず、少しづつ行うのがポイントです♪

歯磨きが苦手なわんちゃんには、まず顔を触る習慣からスタートしよう!

歯磨きをしようとすると「ウー!!」とうなり始めたり、そもそも顔を触ること自体嫌がる子も多いですよね>_<

実は、歯磨きが苦手なわんちゃんはとっても多い!
「食事後の口腔ケアを水を飲ませるだけ」なんて飼い主さんも多いと思います。

そんなときは、次のステップで歯ブラシ習慣を取り入れてみましょう^^

  1. 小さいジャーキーを握りこぶしの中に入れて顔の前に近づけて、指の隙間から出して食べさせる→手が顔に必ず触れるので、手の感触を覚えさせます。
  2. 食べている間に口元をさわる習慣をつける→次第に顔に触れられるのをイヤがらなくなります。
  3. ガーゼで前歯をさわる→ガーゼの感触はわんちゃんが一番嫌がらない素材です。
  4. 口をめくって歯を指でさわる習慣をつける→歯がこすられる感覚を覚えてもらいます。
  5. 歯ブラシデビューする前にガーゼで歯を全体ふく習慣をつける→ぬれたガーゼにジェルをつけて磨きましょう
  6. 歯ブラシを口の中に入れる前に顔を近づけて慣れさせる→いきなり口にいれたり、乾いた歯ブラシを入れるのはNG!ガーゼ同様ぬらしましょう

まとめ

わんちゃんの口臭が気になっている飼い主さんは多いですよね>_<
簡単にケアをするなら口臭対策ジェルがオススメ★

歯に直接ぬるタイプや吹きかけるタイプなどいろんな種類があります^^
口臭対策ジェルを使って歯磨きをすると、口腔環境が良くなるので自然と臭わなくなりますよ♪

歯磨きをするときは、無理をせず!少しずつ!
わんちゃんとコミュニケーションをとりながら、楽しくケアしてみてくださいね!